2010年 06月 07日

エコモ財団、交通環境学習を支援…小中学校の募集開始(レスポンス)

国土交通省の外郭団体である交通エコロジー・モビリティ財団は1日、小中学校が行うモビリティ・マネジメント教育(交通環境学習)に対する支援校の募集を開始した。

モビリティ・マネジメント教育とは、一人ひとりの移動手段や社会全体の交通を「人や社会、環境にやさしい」という観点から見直し、改善していくために自発的な行動を取れるような人間を育てることをめざした教育活動で、例えば「地域の公共交通について考える学習」、「クルマ社会について考える学習」、「交通まちづくりについて考える学習」、「モノの流れについて考える学習」などを意味する。

同財団ではこれまで、自治体に対してノウハウの提供や資金面での支援を行い、大阪府和泉市や石川県金沢市などに支援を行い、今年度からは新たに宮城県仙台市に支援を開始する予定だが、さらなる普及を図るため、学校に直接支援する制度を設け、公募を開始したものだ。

今年度は10校を上限に、ノウハウの提供や資金面での支援を行う。実施面では、自治体や交通事業者などとの連携を支援するほか、教材や参考となるデータ提供を行う。資金面では、交通環境学習のための講師謝金や旅費、印刷製本費、図書購入費などについて1校当たり15万円を限度に支援する。

応募資格は、小中学校の教員および教員による研究グループで、校長の承認を得られていることが前提だ。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
楽しみながら交通安全を学ぶ…118園の5200人が参加予定
居眠り運転警告シートに国土交通大臣賞
日産、小学校で出張授業---モノづくり、デザイン、エコ
国土交通省 特別編集

社民党 連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)
タイヤ直撃事故の弁護士、賠償額3倍の報酬要求(読売新聞)
「信頼回復が責務」と続投表明=経営陣処分は改めて明言―原発点検漏れで中国電社長(時事通信)
「小沢隠しが奏功」「一時的」=菅氏期待アップに自公幹部(時事通信)
「ロバート」山本さん、首都高で追突事故(読売新聞)
[PR]

by qygshll3dq | 2010-06-07 15:24


<< 菅内閣「基本方針」、官僚との連...      プライマリ・ケア学ぶ学術大会、... >>