2010年 03月 05日

チリ地震、被害調査へ=日赤、JICA職員派遣−成田(時事通信)

 チリで発生した大地震で現地の被害状況を調査し救援準備を行うため、日本赤十字社とJICA(国際協力機構)は28日午後、調査のための職員を成田空港から緊急派遣した。
 現地に向かう日赤国際部参事の粉川直樹調査員(57)は「被害状況が全く分からないが、今後広がると思う。どんな救援をすればいいのか、情報収集し最も有効な支援を判断したい」と話した。緊急救援の最初の対応計画が完了するまで約1週間、現地に滞在するという。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
岩手・久慈港で1.2メートル=太平洋側各地に津波-65万世帯に避難指示・勧告
海沿い列車の運転取りやめ=高速通行止めも
静寂の港「油断はできない」=宮城・石巻の漁港

「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調−福島消費者相(時事通信)
万引き誤認逮捕…目撃証言を過信、裏付け怠る(読売新聞)
亀井氏、夫婦別姓など「熱望する方々ご愁傷さま」(読売新聞)
山本病院理事長、手術の際に結紮処置をせず 地検、刑事処分を決定へ(産経新聞)
岩手・三陸鉄道、運転見合わせ(読売新聞)
[PR]

by qygshll3dq | 2010-03-05 10:09


<< 平野官房長官、沖縄基地問題検討...      <阿久根市長>元係長への賃金支... >>