2010年 06月 16日

菅内閣「基本方針」、官僚との連携打ち出す(読売新聞)

 菅内閣は8日夜、首相官邸で初閣議を開き、政権運営の「基本方針」を決めた。

 「脱・官僚依存」を掲げた鳩山政権で、官僚との連携の悪さが指摘されたことを踏まえ、官僚との連携を打ち出した。

 方針は5項目で、〈1〉政権交代の原点に立ち返り、信頼回復に邁進(まいしん)する〈2〉経済・財政・社会保障の一体的立て直しに取り組む〈3〉各閣僚は省益にとらわれず、一体となって取り組む〈4〉行政の無駄遣いを根絶し、行政の透明化を推進する〈5〉政務三役と官僚は、緊密に意思疎通を図り、一体となって真の政治主導による政策運営に取り組む――としている。

シー・シェパード元船長に懲役2年を求刑(読売新聞)
「総合特区」で投資呼び込み=政府の新成長戦略案(時事通信)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
化学工場で8人負傷=塩酸漏れる―千葉(時事通信)
民主・小林衆院議員、国会閉会後の辞職を表明(読売新聞)
[PR]

# by qygshll3dq | 2010-06-16 14:36
2010年 06月 07日

エコモ財団、交通環境学習を支援…小中学校の募集開始(レスポンス)

国土交通省の外郭団体である交通エコロジー・モビリティ財団は1日、小中学校が行うモビリティ・マネジメント教育(交通環境学習)に対する支援校の募集を開始した。

モビリティ・マネジメント教育とは、一人ひとりの移動手段や社会全体の交通を「人や社会、環境にやさしい」という観点から見直し、改善していくために自発的な行動を取れるような人間を育てることをめざした教育活動で、例えば「地域の公共交通について考える学習」、「クルマ社会について考える学習」、「交通まちづくりについて考える学習」、「モノの流れについて考える学習」などを意味する。

同財団ではこれまで、自治体に対してノウハウの提供や資金面での支援を行い、大阪府和泉市や石川県金沢市などに支援を行い、今年度からは新たに宮城県仙台市に支援を開始する予定だが、さらなる普及を図るため、学校に直接支援する制度を設け、公募を開始したものだ。

今年度は10校を上限に、ノウハウの提供や資金面での支援を行う。実施面では、自治体や交通事業者などとの連携を支援するほか、教材や参考となるデータ提供を行う。資金面では、交通環境学習のための講師謝金や旅費、印刷製本費、図書購入費などについて1校当たり15万円を限度に支援する。

応募資格は、小中学校の教員および教員による研究グループで、校長の承認を得られていることが前提だ。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
楽しみながら交通安全を学ぶ…118園の5200人が参加予定
居眠り運転警告シートに国土交通大臣賞
日産、小学校で出張授業---モノづくり、デザイン、エコ
国土交通省 特別編集

社民党 連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)
タイヤ直撃事故の弁護士、賠償額3倍の報酬要求(読売新聞)
「信頼回復が責務」と続投表明=経営陣処分は改めて明言―原発点検漏れで中国電社長(時事通信)
「小沢隠しが奏功」「一時的」=菅氏期待アップに自公幹部(時事通信)
「ロバート」山本さん、首都高で追突事故(読売新聞)
[PR]

# by qygshll3dq | 2010-06-07 15:24
2010年 05月 28日

プライマリ・ケア学ぶ学術大会、6月開催(医療介護CBニュース)

 日本プライマリ・ケア連合学会は6月26、27日の2日間、東京国際フォーラムで学術大会を開催する。

 同学会は、プライマリ・ケアにかかわる3学会(日本プライマリ・ケア学会、日本家庭医療学会、日本総合診療医学会)が合併して今年4月、新たに設立されたもので、組織改変後、初の大会となる。
 「住民の求めるプライマリ・ケア―分化から統合へ」と題して、プライマリ・ケアをめぐる医薬連携や卒前教育の在り方、在宅緩和ケアなど、幅広いアプローチで講演やワークショップを開く予定だ。医療従事者向けのプログラムのほか、27日には聖路加国際病院の日野原重明理事長をゲストに迎えた市民講座の開催も予定している。



【関連記事】
10年後の総合医数、「少なくとも医師の3割」
新政権は介護療養型医療施設の「存続」を
初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会
医学部などの新設、意見集約できず−全自病
報告書の骨子案を提示―へき地保健医療対策検討会

普天間移設「辺野古」を日米首脳間で確認へ(読売新聞)
皇太子さま、スウェーデンへ(時事通信)
ブランド品300万円相当が盗難 京都(産経新聞)
<こち亀>曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?(毎日新聞)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
[PR]

# by qygshll3dq | 2010-05-28 15:42
2010年 05月 20日

「しっかりお話する」 民主・小沢氏、政倫審と再聴取応じる意向表明(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は13日、広島市内で記者会見し、自身の資金管理団体による土地購入事件に絡み、衆院政治倫理審査会へ出席し弁明する意向を表明、同時に東京地検特捜部の再聴取に応じる意向を示した。「どう対応するか」との質問に対し、「選挙民、国民の皆さんにしっかりお話しすることによって理解と支持を獲得することができると思っている」と述べた。

【関連記事】
小沢氏、聴取応じる意向 「陸山会」政治資金規正法違反、元秘書3人も
公明・山口代表「政倫審は公開で」 民主・小沢氏に
小沢氏再聴取へ 今度こそ疑惑解明求める
小沢氏再聴取へ 改めて問われる説明責任
小沢氏が政倫審出席の意向 参院選で得策と判断
少子化を止めろ!

政権交代に祝意伝える=キャメロン氏と電話会談−鳩山首相(時事通信)
ストーカー容疑で弁護士を書類送検 愛媛県警(産経新聞)
山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結(産経新聞)
<日本創新党>中田・前横浜市長ら比例に擁立…参院選(毎日新聞)
プロバスケの高松ファイブアローズ運営会社、自己破産申請(産経新聞)
[PR]

# by qygshll3dq | 2010-05-20 02:02
2010年 05月 12日

東海道新幹線に最大46分の遅れ(産経新聞)

 6日、午前11時10分ごろ、JR名古屋駅(名古屋市中村区)構内で、博多発東京行き東海道新幹線のぞみ12号(16両編成)の12号車のパンタグラフにビニール(長さ約1メートル)が付着しているのを駅係員が見つけた。ビニールを取り除くため、同新幹線は約45分間ホームに停車。午前11時53分に運転を再開した。この影響で東海道新幹線は上下線7本で最大46分の遅れが生じ、約3800人の足が乱れた。

【関連記事】
特急電車の窓ガラス割れる JR阪和線
パンタグラフに鳥、JR特急など遅れ 佐賀
踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響、京都・大阪
風で制帽飛び電車乗れず JR西車掌、タクシーで追いかけ14分遅れ
線路で空き缶拾い JR関西線遅れで4万人に影響 大阪

分別進み排出量減 思わぬ影響 環境意識高まり、ごみ発電減少(産経新聞)
取り立てチーム 船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
千葉・医療再生の序章(下) ―地域医療を街づくりへ(医療介護CBニュース)
新型インフル 国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
香る「花の寺」 約2万株のツツジが満開 京都府宇治市・三室戸寺(産経新聞)
[PR]

# by qygshll3dq | 2010-05-12 17:58